起業か大企業か?仕事か趣味か?

起業相談や就職相談にのらせていただいていると、この問題に向き合うことが多々あります。

ベンチャー企業に就職するか?大手企業に就職するか?

趣味を仕事して良いのか?

起業を考えてはいるが、収入が減るのは・・・


私は、自分自身の生活レベルのためにいくら必要なのか?

限りある人生を幸せに過ごすためにどのような時間を過ごしたいか?

この二点をまず決めることが大切だと思います。


就職相談や転職相談にのらせていただいていると、比較的給料の良いところが良いという話を良く耳にします。言葉の揚げ足を取るつもりはないですが、比較的給料の良いという考え方はやめた方が良いと思います。

幸せは、人との比較ではないのと同じように、他の企業や周りの人と給料を比べても幸せにはなれないと思います。


自分の生活スタイルや「ここまでの生活はしたい」というボーダーラインを計算することが大切。ですので、比較的給料が良いところではなく、自分の生活に必要な給料を稼げるところを選ぶことが大切。幸福度と年収は比例して関連性があるそうですが、年収800万円からそれ以上はあまり変わらないデータもあります。ファイナンシャルプランに落とし込むと自分の必要な給料が具体的になりますね。ソニー生命のライフプランニングはオススメですね。


起業時に時にお金が入らなくて苦労する方がいるのも事実です。IPOやエグジットすることで大きなリターンという夢も宝くじよりずっと現実的だと思います。未来からの逆算して可能性ある事業を見極める力は必要になります。ベンチャーやスタートアップ時の過程でやりがいを感じれる人とそうではない人がいます。新たなチャレンジを楽しめない方は、絶対にやめた方が良いでしょう!逆に、何かに挑戦したり、インターネットにないドラマがある人生の方が私は人生後悔ない充実したものになると考えています。そして、そのようなドラマを垣間見たり、一緒に創ったりできるこの仕事はもはや、趣味を凌駕してしまいます。


皆がそうだとは思いません。仕事が趣味になったことがないから仕方ないと思うのですが、仕事が趣味のように面白くなる人面白くない仕事を生活や趣味のためと言い訳にしている人の2種類しかないと思います。お金がかかる強烈な趣味であれば、仕事内容よりも稼ぎを優先することも必要になるでしょう!

ただ、

どのような仕事でもお客さん(同僚)に喜ばれる仕事をする過程にやりがいがあるのだと私は思います。そして、その積み重ねに仕事が趣味を超越してしまうことがあるのです。

そのようなやりがいがある仕事に皆さんが出逢えますよに!


事業が軌道にのり、多くの顧客に「有難う」と言われ、その対価がお金に変わる。

チャレンジした人が報われるように、軍師として励みます!

95回の閲覧0件のコメント